×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

しみたい策には不可欠成分。

エラスチンを修復。

濃いシミを薄くするにはハイドロキノン配合クリームが成果的。

シミ元であるメラニン生成の抑制成果が高い。

ビタミンC誘導体はビタミンCの配合が低く美白成果は低い。

成果はアルチニンの100倍。

ピュアビタミンCは高い美白成果の反面酸化しやすく不安定な性質であるためビタミンC誘導体を開発。

ハダ細胞を活発にすることでシミ細胞を排出成果。

ピュアビタミンC(アスコルビン酸)は協力な抗酸化作用あり。

皮膚科医も認める成分ハイドロキノン。

メラニンの生成をおさえ同時にメラニンを作る細胞も減少させる。

ビタミンAはハイドロキノンをメラニンに対して効きやすくする。

ハリウッドセレブが、白い美素ハダの維持のため使用。

濃度が高いと皮膚への刺激が強い。

ビタミンA(レチノール)はハダの真皮まで浸透するとコラーゲンの生成を促す。

ビタミンCの成果的な使い方は表皮層の最下部まで浸透させること。

ハダの修復成果あり。

2.0%以下の濃度の製品を継続的に数ヶ月間の使用が良い。

乱れたターンオーバーを正常に戻しハダの新陳代謝を助ける。

ビタミンAハシミをハダ表面に押し上げる。

Copyright © 【しみ そばかす 美容液/売れ筋美容液トップ3】今、市場で人気の美白美容液を紹介しています! All Rights Reserved.